mottyのおすすめ漫画紹介!

私のおすすめ漫画を紹介します!

紹介記事「湯神くんには友達がいない」10巻

春、入学の季節。上星高校にも新入生が!

新入生の獲得に奔走する野球部と手芸部ですが…

 

本記事では、漫画「湯神くんには友達がいない」10巻の紹介をします。

春、新入生がやってくる季節です。上星高校にも新入生が。3年生が卒業し選手不足の野球部は、新入生獲得にはりきっています。また、1人しかいないちひろの所属する手芸部も。新入生獲得は、成功するのでしょうか?

 

 

 

1.あらすじ

3年生の卒業により、選手が大きく減ってしまった上星高校野球部。2年生となった門田は、やや誇大広告(?)なポスターを作成し、新入生獲得に奔走します。多くの新入生が野球部に入部しましたが、辞めてしまう子が続出…。また、湯神くんばりにキャラの濃い新入生が現れて!?

一方、なかなか新入部員を獲得できない手芸部ちひろ。新しい環境で心細く思っている子の居場所を作りたい、という思いは叶い、女子生徒を1名獲得できました。

 

2.10巻のキーパーソン

10巻のキーパーソン、野球部と手芸部の新入部員を紹介します。

○仁堂 拓馬(にどう たくま)

野球部の新入生。野球経験ありで、プレーも上手です。ただし、癖の強い性格をしています。プレーの上手でない2年生のことを露骨に疎んじており、門田との折り合いが悪いです。彼は、この世は敵か味方の2択しかないというやや極端な考えの持ち主であり、そのため、同級生からはあだ名「ニタク」で呼ばれています。

「敵か味方か!!この世は2択だ!!!」

○野上 栞(のがみ しおり)

手芸部の新入生。ショートカットの大人しめな少女であり、学校のベンチでひとり音楽を聞いていたところ、入部のチラシを配っていたちひろに声をかけられました。占いに造詣が深く、風水的に悪いという理由で手芸部の人形を隠したり、湯神くんが悪い気を纏っているなどの発言をしています。彼女を理解しようと一緒に占いを勉強しだしたちひろでしたが、占いにドはまりしてしまい…。

 

3.10巻の魅力

10巻の魅力は、フレッシュな新入生たちの登場です。湯神くんばりにキャラの濃い仁堂、占い女子野上など、相変わらずの個性豊かな上星高校メンバー。そして、いかなる状況でもぶれない湯神くん。それとは逆に、後輩の占いに染まり切ったちひろ。また、ちょっと可哀想なキャラだった林山くんは、かわいい後輩に囲まれて幸せそうでしたが、上星高校野球部に入った「ニタク」の悪評を気にしています。果たして、「ニタク」は悪い奴なのでしょうか?